ここから本文です

安倍首相「知り得る立場だったが知らなかった」加計学園の獣医学部新設をめぐり

7/25(火) 16:21配信

BuzzFeed Japan

学校法人「加計学園」の獣医学部新設などの問題をめぐる参議院予算委員会の閉会中審査が7月25日、開かれた。24日の衆院予算委で、加計学園の新設申請を「2017年1月20日まで知らなかった」と答弁した安倍晋三首相。自ら頻繁に会っていた友人の計画を、事業者決定のその日まで知らなかったのか。この日は、過去の首相答弁と照らし合わせた質問が相次いだ。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

安倍首相は7月24日、自身が加計学園の獣医学部新設について知ったのが、自らが議長を務める「国家戦略特区諮問会議」で事業者として加計学園を正式決定した「1月20日」と初めて明言した。

こうした答弁に対し、野党からは疑問が投げかけられている。学園の加計孝太郎理事長と安倍首相は学生時代からの友人であり、2016年に7回、食事やゴルフをしていたからだ。

さらに、加計学園の事態が大きく動いたとされる時期は2016年8~9月にかけてだが、食事は7月以降で6回にも及んでいる。

7月25日、冒頭に質問に立った自民党の青山繁晴議員が経緯の確認をした。安倍首相はこう答弁し、改めて「2017年1月20日」に知ったという点を強調した。

「2年前の11月から、私が議長を務める国家戦略特区諮問会議において、今治市が獣医学部新設を提案していることを知りました。しかしその時点においても、その後のプロセスにおいても、事業主体が誰かという点について今治市から説明はなく、加計学園の計画は承知しておりませんでした」

「最終的には本年1月に事業者の公募を行い、加計学園から応募があった。その後、分科会でのオープンの議論を経て、1月20日に諮問会議で認定することになるが、その際、私は初めて加計学園の計画について承知したところであります」

青山議員に加計理事長との関係について問われた安倍首相は、こうも答えている。

「彼は教育者として時代のニーズに合わせ、新たな学部や学科の新設にチャレンジしたいという趣旨の説明をしたことはありますが、具体的にどの学部を作りたいと私に話したことは一切ありません」

1/3ページ

最終更新:8/1(火) 18:49
BuzzFeed Japan