ここから本文です

就航以来初めて 台北便が通年週4便に/富山

7/25(火) 11:04配信

チューリップテレビ

 富山と台湾を結ぶ富山ー台北便について、運航会社のチャイナエアラインが冬ダイヤの全期間で週4便で運航することを決定しました。
 これによって、就航以来はじめて、通年週4便が実現することになります。
 これは、石井知事が24日の会見で明らかにしたものです。
 富山台北便をめぐっては、アルペンルートの雪の大谷が台湾観光客に人気で、夏ダイヤは週4便で運航されていますが、冬ダイヤは週2便の時期もありました。
 県にとっては、年間を通した週4便化が課題となっていましたが、今年10月29日からのダイヤで夏と同じ曜日の運航で週4便が実現します。
 通年での週4便運航は、5年前の就航以来初めてです。
 石井知事によりますと、県のチャイナエアラインへの働きかけとともに、五箇山合掌集落や庄川温泉郷の雪景色など、冬場の富山の観光の魅力が台湾で認識されてきたためと話しています。

チューリップテレビ