ここから本文です

ユニクロとH&M、今秋の大型コラボは英国ブランド対決に

7/25(火) 21:27配信

Fashionsnap.com

 今秋、「ユニクロ(UNIQLO)」と「H&M」のアパレル2大ブランドが立て続けに英国ブランドとのコラボレーションコレクションを発売します。9月22日には「UNIQLO and JW ANDERSON」が、そして11月2日には「ERDEM x H&M」がそれぞれ登場。「J.W.アンダーソン(J.W. ANDERSON)」と「アーデム(ERDEM)」の両ブランドはロンドンを拠点にし、どちらも英国ファッションアワード(現:「ザ・ファッション・アワード」)の常連で、2014年にはメンズ・ウィメンズ部門でともに受賞するなどの共通点も。2大アパレルブランドが目をつけたロンドンファッションを牽引する2つの気鋭ブランドを紹介します。

【画像】先日発表された「ユニクロ×J.W. アンダーソン」の全貌

 ユニクロがコラボレーションする「J.W.アンダーソン」は、「ロエベ(LOEWE)」のクリエーティブディレクターとしても知られるデザイナーのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛けるブランド。アンダーソンは1984年北アイルランド生まれで、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、2008年に自身のブランド「J.W.アンダーソン」を立ち上げました。ユニクロと気鋭デザイナーの協業は意外な組み合わせで、3月に発表された時にはファッション業界に驚きの声が上がりました。

 先日発表されたユニクロとのコラボアイテムでは、タータンチェックやコートなど英国らしい要素を取り入れ、ブランドを代表するディテールを施したラッフルスカートも登場。素材は日本の「カイハラ」のデニム素材やユニクロのヒートテックを使用するなど英・日のデザインと素材が融合した全33アイテムで、価格帯は税別1500円~1万4900円と「J.W.アンダーソン」の10分の1以下の“ユニクロプライス“に抑えられているのも驚きです。

 一方、「H&M」毎年恒例のデザイナーズコラボに選ばれたのは「アーデム(ERDEM)」。国内ではセレクトショップなどで取り扱いがありますが、認知はまだ低く、ブランド自体を知らなかった人も多いのでは。デザイナーのアーデム・モラリオグル(Erdem Moralioglu)は1976年カナダ生まれ。ロンドンに拠点を移し、2005年に「アーデム」を立ち上げます。花柄モチーフを多用し、繊細でエレガントなデザインはセレブリティーらから人気が高く、これまでにビッグメゾンのディレクター職に候補として名前が上がるなど、業界での評価も高い実力派です。

 H&Mのデザイナーズコラボはここ数シーズン「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」や「バルマン(BALMAIN)」「ケンゾー(KENZO)」とメンズ人気の高いブランドが目立ちましたが「アーデム」はウィメンズブランド。今回のコラボではメンズラインが初めて登場するということで、メンズの仕上がりにも要注目です。まだアイテムの詳細は発表されていませんが、一連のキャンペーンは「ムーランルージュ」や「華麗なるギャツビー」を手掛けた映画監督のバズ・ラーマン(Baz Luhrmann)が担当するとのことで、アーデムの可憐でロマンチックな雰囲気と合わさり、アイテムとともにどんなキャンペーンが完成するかにも期待が高まります。

 大手SPAブランドによるコラボレーションは、気鋭デザイナーによるデザインをリーズナブルに手に入れられるのが魅力。日本のユニクロとスウェーデンのH&M、それぞれが全く異なる特色を持つ注目コレクションになりそうです。

最終更新:7/25(火) 21:27
Fashionsnap.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ