ここから本文です

富山市安田城跡資料館 幻の東京五輪盃が出土/富山

7/25(火) 11:05配信

チューリップテレビ

 2020年の東京五輪まで24日で残り3年となりました。

 そんな中、幻に終わった1940年の東京オリンピックの記念盃(さかずき)が富山市で見つかり話題となっています。

 直径は5,5センチで『ORINPIKU(オリンピク)』のローマ字や日章旗の絵が描かれています。
 この盃は去年、富山市総曲輪(そうがわ)地区の再開発事業に伴う発掘調査で破片が見つかったもので、全部で13点。
 岐阜県の美濃(みの)地方で作られた美濃焼きだということです。
 1940年に開催される予定だった東京オリンピックは2年間の日中戦争勃発により中止となった幻のオリンピックで、開催決定から中止に至るまでは期間が短く、極めて稀少なものだということです。
 盃は25日から12月3日まで富山市の安田城跡資料館で展示されます。

チューリップテレビ