ここから本文です

メニューは“まかない”をイメージ さくら野八戸店にカフェ/金剛グループ

7/25(火) 10:48配信

デーリー東北新聞社

 青森県八戸市などで飲食店を手掛ける金剛グループ(大久保圭一郎代表)は24日、さくら野八戸店地下1階に「55kitchen&DELI」をオープンした。和洋の料理を手頃な価格で提供するほか、総菜の販売も行う。グループ初のカフェ形態の店舗で、中心街で働く世代を中心にアピールする考え。

 メニューは料理人の“まかない”をイメージ。「冷製なめろう茶漬け」やハンバーガー、カレーうどん、パスタ、日替わり定食などを千円以内の価格帯で提供する。サバ缶や焼き菓子など、グループが開発した土産商品も販売する。

 大久保代表は取材に、「気軽に入店でき、若い世代にも本格的な料理人の味を楽しんでもらうきっかけになる。グループ全体のブランドを発信する拠点にもしていきたい」とPRした。

 席はカウンターの10席。営業時間は午前11時~午後6時。午後3時からは、ドリンクとデザートが中心のティータイムメニューとなる。日曜定休。

 問い合わせは金剛グループ「GMK」=電話0178(41)1144=へ。

デーリー東北新聞社