ここから本文です

[移籍]10番の系譜を継ぐ逸材!? ユーヴェ、ベルナルデスキの獲得を正式発表

7/25(火) 10:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

バッジョ氏と同じ道を歩むベルナルデスキ

ユヴェントスは24日、フィオレンティーナからイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキを獲得したことを発表した。なお、契約期間は2022年6月30日までの5年間。移籍金は4000万ユーロ(約52億円)で、ボーナスとして次回移籍した際の売却額の10%が付くという。

現在23歳のベルナルデスキはイタリア代表の各年代でプレイし、2016年3月にA代表デビューを飾った。これまで9キャップ1ゴールを記録しており、同代表の将来を担う逸材として期待されている若手選手のひとりだ。

一方、クラブではフィオレンティーナの下部組織出身で、実戦経験を積むため2013-14シーズンにクロトーネ(当時セリエB)へレンタル移籍した。そして、同クラブでプロとして公式戦デビューを飾り、シーズン通して40試合に出場。圧倒的な存在感を放ち、14ゴール7アシストという結果を残したことで、翌シーズンはフィオレンティーナへ復帰した。復帰初年度こそケガで思うような出場機会を得られなかったが、その後はチームの主力選手として活躍。昨季も公式戦42試合に出場し、14ゴール5アシストを挙げている。

ベルナルデスキはここ2シーズン、フィオレンティーナの10番を背負ってきた。そのため、かつて同じ10番のユニフォームを身につけたイタリアの英雄、ロベルト・バッジョ氏と比較されることも多い。だが、幸か不幸かフィオレンティーナからユヴェントスへ移籍した彼と同じ道を歩むことになったベルナルデスキ。はたして、イタリアのNo.1クラブでも輝きを放つことができるのか。ユヴェントスの10番が空き番号となっているため、バッジョ氏と同じ栄光の背番号を新天地でも背負う可能性がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合