ここから本文です

2017上半期スーパー売上高 4年ぶりマイナス

7/25(火) 2:43配信

ホウドウキョク

4年ぶりのマイナスとなった。
日本チェーンストア協会が発表した2017年上半期(1~6月)の全国スーパー売上高は、6兆3,089億円で、既存店ベースでは、前の年の同じ時期に比べ、1.5%減った。
主力の食料品は堅調だったものの、天候不順などの影響で、日用雑貨などや衣料品の動きが鈍く、4年ぶりのマイナス。
また、6月の売上高は、1兆401億円で、前の年の同じ月に比べ、1.2%減った。
農産品の相場安を受けて、食料品が苦戦したほか、衣料品なども振るわず、2カ月連続のマイナス。
協会は、「消費の動きは、依然として鈍い」とみている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/25(火) 2:43
ホウドウキョク