ここから本文です

IMFトップ「10年後には北京に本部移転も」

7/25(火) 18:58配信

ホウドウキョク

IMF(国際通貨基金)の本部が、10年後にはアメリカから中国に移っているかもしれないと、IMFトップが言及。
ラガルド専務理事は、首都ワシントンで行われたイベントで、「(10年後には)もうワシントンにいないかもしれない。(北京に?)『北京本部』にいるかもね」と述べ、中国の経済成長次第で本部が北京に移る可能性を示唆した。
IMFの規定では、出資比率の最も高い国に本部が置かれることになっていて、現在はアメリカが首位で、中国は3位となっている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/25(火) 18:58
ホウドウキョク