ここから本文です

千島列島最北端で遺骨発見

7/25(火) 21:04配信

ホウドウキョク

旧日本兵3人のものとみられる遺骨が見つかった。
千島列島の最も北に位置するシュムシュ島で、7月6日から遺骨収集を行っていたロシアの捜索隊が、旧日本兵3人のものとみられる遺骨を発見した。
捜索隊によると、周囲からは、硬貨のようなものが入った財布とみられるものや、部隊の記章とみられる物なども見つかった。
遺骨などは、近く日本側に引き渡される予定。
シュムシュ島は、日本がポツダム宣言を受諾したのちに旧ソ連軍が侵攻し、激しい戦闘となった場所で、今回の捜索では、旧ソ連兵とみられる47人の遺骨も見つかったという。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/25(火) 21:04
ホウドウキョク