ここから本文です

大学に期日前投票所 横浜市長選

7/25(火) 9:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市長選の投票日まで1週間を切った24日、市内三つの大学に期日前投票所が開設された。初設置の神奈川大横浜キャンパス(同市神奈川区)では、選挙事務を全面的に在学生が務める珍しい試みが行われている。3大学の投票所は25日まで。

 「お疲れさまでした」。投票所を出る有権者に、落ち着いて声を掛ける。受付や投票用紙の交付、投票立会人などを務めるのは、政治や選挙などを学ぶ法学部を中心とする在学生たち。投票立会人を務めた学生(20)は不正がないかどうか、一人一人の投票を見つめた。「気が抜けない厳粛な空気。ミスがなくて当たり前だからこそのプレッシャーがある」

 今回は18歳選挙権となって初の市長選となることも踏まえ、若年層への啓発の一環として区選挙管理委員会が同大に協力を依頼。2日間で延べ24人の在学生が従事する。参加を呼び掛けた同学部の准教授は「有権者としての自分たちの立場を客観的に見られるようになることを期待している」と話す。

 大学の期日前投票所は昨夏の参院選では慶応大日吉キャンパスのみだったが、今回は神大と横浜市立大金沢八景キャンパスが加わった。