ここから本文です

高さ70センチ!関西の大食い女子大生が「ハンバーガータワー」に挑戦してみた

7/25(火) 17:05配信

Lmaga.jp

ダイエットの天敵。だけど、ムショーに食べたくなるものといえば、ジャンクフード代表・ハンバーガー! 今回訪れたのは、東大阪・長瀬にあるロッカーズダイナー。店長さんの趣味全開のアメリカンなこちらには、カロリー約5000キロの名物ハンバーガーがあるらしい。

【写真】見上げるほどでかいハンバーガータワー!持ち上げるのにも一苦労

本来は、グループでシェアして楽しむというハンバーガー「ロッカーズタワー」(6980円)。今回は食いしんぼう女子の看板を背負って1人で挑戦させていただくことに。「はやく食べたい・・・!」の思いでやって来たけど、「少々お時間いただきます」と店員さんにじらされて待つこと20分。ようやく目の前にあらわれたものは・・・10段構えのハンバーガー(コーラのピッチャー付き)だ。・・・でかい! 男の店員さんがすっぽり隠れてしまうぐらいの大きさだ(高さは約70センチ)。こんなに大きいと、逆にこっちが食べられてしまうんじゃないかと思うぐらいの迫力満点! ドーンとそびえ立つバーガータワーにテンションも一気に上がってきた!

1つ1つのバーガーの大きさもこれまた負けてない。顔と同じぐらいの大きさのバンズの中には、アボカドやチキンといった中身の具材がぎゅうぎゅうに詰めこまれて、ぶわっと溢れてしまっている。そして、その中身の具材がそれぞれ違うのもこのタワーのオススメポイント。テリヤキ、ベーコンといった定番メニューから、中華、スパムといった珍しいものまで、それぞれ味が違うバーガー10種類がドンッ!と積み上げられている。おまけに下はタコスとポテトの海! 次々食べても、飽きずに食べられちゃうのが超魅力的。さらに上からハンバーガーの具材が垂れてるときは、ちょっとしたお得感も感じちゃう。10種類も食べられるなんて、いつも種類で迷ってしまう私にとっては夢のようなタワーだ・・・!

見た目のインパクトはもちろん、中身も超スリリングなのがここのハンバーガー。一番はじめのハンバーガーはオニオンリングがこれでもかというぐらい詰め込まれたお店の看板メニュー「ロッカーズバーガー」だ。オニオンのサクサク感と、ソースの酸味が合わさって、一気にエンジンが掛かってきた! おつぎは、みんな大好きな「テリヤキバーガー」。夢中で食べてると、気がついたらテリヤキソースが口の周りにベトベト(笑)。でも気にしない! だってそれぐらい美味しいもん! そして、なんといってもここのバンズが超優秀。聞けば、海外の人と日本人が好きな食感のちょうど間をチョイスされてるらしい。どちらかといえばずっしりしてるけど、不思議とお腹には残らない優れもの。こうなったら、全種類食べるぞ!と意気込むと、アクセル全開でお腹の中はもうノリノリ!

そびえ立つバーガーをちら見しながら、「早く早く!次のアボカドバーガー食べたい!」なんて、ワクワクさせてくれるのがこのタワーの楽しいところ♡。イスから立ち上がらないと手に取れなかったバーガータワーの高さが、段々低くなっていくと、不思議と食欲も増してくる。そんな調子で続いて、アボカドバーガー、ベーコンバーガーをペロッといき、ピッチャーでコーラをグビッ。やっぱ合うな~!と感動していると、お腹の雲行きがだんだん怪しくなってきた・・・。隙間がない・・・。今終わるとまたもや中途半端だし・・・頑張れ自分!と、励ましてもお腹は聞く耳持たず。結局私のお腹のキャパはベーコンバーガーをラストに4つで限界でした。残りの6種類も食べたかった~!でも、ご安心を!バーガーは残してもテイクアウトできるので、お家に帰っても続きを楽しめます!(店長さんありがとうございます(涙)

ロッカーズダイナーは今年で6周年。その間、ロッカーズタワーを完食した人は最少人数で3人組の男の子たちだとか・・・恐るべしロッカーズタワー・・・! 打ち上げや、新歓コンパでも十二分に満足できるので、盛り上がること間違いなしだ(もちろん、1人で食べたい猛者さんにもオススメ!)。パスポートなしで、本場アメリカ以上のものを味わえるので、ぜひ訪れてみて!

最終更新:7/25(火) 17:05
Lmaga.jp