ここから本文です

そろばん世界一、沖縄に誕生 沖尚・森さん笑顔「緊張も勉強になった」

7/25(火) 15:00配信

沖縄タイムス

 珠算世界大会(世界城市杯)が23日、台湾・新竹市で開催され、珠算・暗算・応用計算(文章題)の3種目の総合得点を競った高校生の部で沖縄尚学高2年の森淑史(よしふみ)さんが優勝した。

 同大会には、世界各国から375人が出場。県内の小学4年生~高校3年生計19人の代表選手が参加し、珠算の技術を競った。

 高校生の部で優勝した森さんは「優勝はうれしい。競技方法が日本と違うので多少の緊張感があった。とても勉強になった大会だった」と喜びを語った。

 全国珠算教育連盟県支部の宮城忍人支部長は「良い結果を残せてうれしい。各国の子どもたちが、そろばんを通して交流できたことは、今後の励み、成長につながる」と話した。

 その他の県内上位入賞者は次の通り。(敬称略)

 【小学4年生の部】3位=高山聖音(神森小)、5位=山城希星(同)、8位=中村優蘭(港川小)

 【小学6年生の部】3位=嘉陽聖(港川小)

 【高校生の部】3位=幸地えりな(沖縄尚学1年)、5位=幸地ゆりな(同)

最終更新:7/25(火) 17:25
沖縄タイムス