ここから本文です

田尾氏、DeNA・梶谷の守備を絶賛!「計算している」

7/25(火) 10:00配信

ベースボールキング

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏が、同日の巨人戦におけるDeNA・梶谷の守備を絶賛した。

 DeNAは4点リードの7回表、二死一塁の場面で巨人の代打・橋本到が放った飛球をライト・梶谷が無理に追わず、フェンスに当たって跳ね返ってきた打球を処理。このプレーにより、一塁走者の生還を阻止することに成功した。

 田尾氏は梶谷のプレーに「この守りは地元の球場だなと。捕れないと判断するのが早かった。一塁ランナーをホームにやらないというのを計算している」と絶賛。続けて「慣れない外野手だと打球を追っかけてばかりで捕れないということがよくある」と解説した。梶谷の一連のプレーにより生還を阻止したDeNAは、この回を無失点で終えた。

 梶谷は続く8回表にも一死走者なしから坂本勇人が放ったライトフェンス直撃の打球を素早く処理し、単打にとどめる好プレー。田尾氏は「フェンスを直撃した時に、ここに打球が返ってくるというポジションで待っている。大したもんですよ」と、打球処理の流れを高く評価した。

 8回はDeNAの投手陣が踏ん張り切れず同点に追いつかれてしまったが、7回は梶谷のプレーがなければ失点していた可能性もあった。それを考えると、梶谷の隠れたファインプレーが、チームの勝利に繋がったともいえるだろう。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 0:00