ここから本文です

IMSA:レクサス、約30周にわたりトップ快走も不運に泣く。「まさか首位を走れるとは」

7/25(火) 18:28配信

オートスポーツweb

 IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)は7月22日、第8戦がコネチカット州のライムロックパークで行われ、レクサスRC F GT3で参戦する3GTレーシングは14号車レクサスが12位で完走を果たし、僚友15号車はトップ10フィニッシュとなる7位でフィニッシュした。
 
 2017年シーズンよりWSCCのGTDクラスに2台のレクサスRC F GT3を投入している3GTレーシング。第8戦となる今大会へは14号車レクサスにセージ・カラムとスコット・プルエット、15号車レクサスはジャック・ホークスワースとロバート・アロンというレギュラーメンバーで臨んだ。
 
 第8戦はサーキット全長が約2.4kmと短いこともありプロトタイプカーは出場せず。LM-GTEマシンを中心に争われるGTLMクラスと、FIA-GT3マシンを使用するGTDクラスの2クラス、計25台でレースが行われている。
 
 前日に行われた予選では、ホークスワースが駆る15号車レクサスがクラス4番手、セカンドロウを獲得。14号車レクサスは、ライムロックパークをホームコースのひとつとするカラムのドライブで11番手となったが、予選後グリッド降格を受ける車両が居たため15号車が3番手、14号車は10番手からのスタートとなった。
 
 迎えた決勝、15号車レクサスと14号車レクサスはレース序盤から2台揃って快走をみせ、50周目には15号車レクサスが3番手、14号車レクサスが4番手につける。 

【画像】スタートで5つポジションを上げた14号車レクサスRC F GT3

 しかし、14号車レクサスは1回目のピットアウト直後にタイヤトラブルが発生し、再度ピットインすることに。このイレギュラーのピット作業によって14号車レクサスはクラス最後尾へと後退。さらに周回遅れとなってしまった。
 
 一方、15号車レクサスは1回目のピット作業後、2番手でコースに復帰するとクラストップの車両をオーバーテイクして首位に浮上。その後、29周にわたってクラス首位を走行した。
 
 しかし、レース終盤15号車レクサスにも不運が訪れる。空力パーツの破損の影響からハンドリングが不調となったことでペースダウン。
 
 ホークスワースから替わったアロンも状況を打破することはできず、最終的にコース復帰時のクラス5番手からクラス7番手まで順位を落としてチェッカー。タイヤトラブルでクラス最後尾となっていた14号車レクサスは順位をふたつ上げてクラス12位で完走している。

 14歳当時、ライムロックパークのレーシングスクールで腕を磨いていたカラムは「スタートはとても上手くいった。1周目に5台をパスし、少なくともトップ5、上手くいけば表彰台も夢ではなかったと思うよ。今日はパンクのほかにもボンネット(のハッチ)が緩むトラブルなどにも見舞われ、運に恵まれなかった」とレースを振り返った。
 
 チームメイトのプルエットも「ピット作業まではすべてが上手くいっていたし、ドライバー交代も完璧だったんだ」とコメント。

「レクサス勢のペースは良かったし、僕らのクルマもスピードがあった。それだけにフラストレーションの溜まるレースだったよ。しかし、チームとともにこういったトラブルをひとつひとつ潰していかないといけないんだ」

 15号車レクサスのホークスワースは「このレースウイークが始まったときには、このコースは僕たちのクルマに合っているとはとても思えず、まさか首位を走れるとは予想もしていなかった」と語った。
 
「それだけに予選で好位置につけられ、決勝でも首位を走って表彰台争いを見せられたというのはチームにとって大きかったと思う」

「セカンドスティントの途中で、スプリッターかどこかにダメージがあったようで、ペースを落とさざるを得なくなってしまったことは残念だった。けれど、僕自身はレースを楽しめたよ」

 WSCCの次戦、第9戦は2週間後の8月6日、ウィスコンシン州のロード・アメリカで2時間40分のセミ耐久レースとして行われる。


[オートスポーツweb ]