ここから本文です

ラグビー女子日本代表が合宿 上富田スポーツセンター

7/25(火) 16:45配信

紀伊民報

 ラグビー女子日本代表(サクラフィフティーン)が24日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで合宿を始めた。練習は29日まで。チームは8月9日からアイルランドで始まるワールドカップ(W杯)への出場を決めており、紀南での直前合宿を経て世界との戦いに挑む。

 24日はスポーツセンターで歓迎式典があった。小出隆道町長は「この地で皆さんが合宿し、世界へ羽ばたくことで、上富田でのラグビー熱もさらに高まってくる。実り多い合宿にしてほしい」とあいさつ。チームの有水剛志ヘッドコーチ(44)は「W杯ではベスト8を目指している。短い期間ですが、お世話になります」と述べた。

 町や県、南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会は「W杯中も食べてもらえるように」と南高梅干しを16キロ寄贈。県ラグビー協会は県特産のモモを贈った。

 合宿には選手、スタッフを含め約40人が参加する。練習は見学できる。

 チームはW杯の予選リーグでフランス、アイルランド、オーストラリアと対戦する。日本のW杯出場は4度目。

最終更新:7/25(火) 16:45
紀伊民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ