ここから本文です

長崎の入場者水増しはあくまでも“ミス”か…「改ざん指示はない」

7/25(火) 22:31配信

ゲキサカ

 Jリーグは25日に理事会を開催し、V・ファーレン長崎に対してけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金300万円の処分を科すことを決定した。

 長崎は今季開幕前に経営悪化が判明。現在は通信販売大手のジャパネットホールディングスが筆頭株主になって、経営の立て直しを図っている。

 問題はコンプライアンス関連の調査をする中で判明。チームの関係者と思われる人物からの申告により発覚した。調査は3月末までに完了し、4月中旬に報告書が完成。その後のホームゲームからはカウント方法を訂正し、正しい数字を公表している。

 具体的には入場者実数を発表すべきものを、運営関連のスタッフや入場券を持たない無料観客などを入場者として数えていたことが報告されている。また15シーズン以降のVIP席を使った観客数の正確なデータが残っておらず、中には目分量によるものもあったのだという。

 水増しがあったのは15シーズンから17シーズンにかけてのホームゲーム46試合のうちの45試合で、少なく見積もって2万人を上乗せして発表していた。

 これについてJリーグの鈴木正雄経営本部本部長は「残念ながらルールの理解が希薄だった」と説明。ただし意図的な改ざんについては、「退任された実行委員にも確認したが、指示はしていないという報告を受けた。担当者の方も具体的に改ざんの指示を受けたとは言っていない」と、あくまでもミス、「認識不足」であったと否定した。なお担当者はすでにクラブを離れている。

 村井満チェアマンは「Jリーグは開幕当初より実数発表を行うことで透明性を保ってきた。リーグ全体の信頼を失墜させる行為」と厳しく論じると、「早く健全化することを願っています」と新経営陣への期待を改めて語った。

訂正された長崎の観客数
▽15シーズン
左から日付、節、相手、発表入場者→正しい入場者、差分
3月8日 1 千葉 5501 → 5404 97
3月21日 3 北九州 4043 → 3754 289
3月29日 4 東京V 3730 → 3446 284
4月5日 6 栃木 3130 → 2858 272
4月26日 9 大分 5882 → 5560 322
5月3日 11 岡山 3683 → 3389 294
5月9日 13 徳島 3424 → 3130 294
5月24日 15 愛媛 3405 → 3105 300
6月14日 18 磐田 6062 → 5720 342
6月28日 20 福岡 5193 → 4841 352
7月4日 21 大宮 6029 → 4629 1400
7月12日 23 京都 3580 → 2893 687
7月22日 25 群馬 2994 → 2289 705
8月1日 27 横浜FC 6994 → 6496 498
8月8日 28 札幌 10184 → 8854 1330
8月23日 30 讃岐 4004 → 3630 374
9月23日 33 金沢 4014 → 3727 287
10月4日 35 熊本 5554 → 5250 304
10月18日 37 岐阜 5726 → 5325 401
10月25日 38 水戸 5482 → 5042 440
11月14日 41 C大阪 8339 → 7962 377

▽16シーズン
3月6日 2 清水 6286 → 6286 0
3月26日 5 熊本 5029 → 4146 883
4月3日 6 松本 4072 → 3702 370
4月29日 10 横浜FC 5729 → 5254 475
5月7日 12 岡山 4015 → 3564 451
5月15日 13 山形 5115 → 4057 1058
5月28日 15 千葉 5762 → 4826 936
6月8日 17 C大阪 6342 → 5388 954
6月19日 19 群馬 4084 → 3703 381
7月10日 22 岐阜 9048 → 7901 1147
7月16日 23 東京V 4741 → 4146 595
7月31日 26 町田 5009 → 4433 576
8月14日 29 金沢 4315 → 3413 902
8月21日 30 愛媛 5769 → 4850 919
9月7日 8 水戸 2692 → 2294 398
9月18日 32 札幌 7298 → 6615 683
10月2日 34 徳島 4046 → 3687 359
10月23日 37 山口 4617 → 4536 81
11月3日 39 北九州 6526 → 6089 437
11月12日 41 讃岐 3723 → 3194 529
11月20日 42 京都 5509 → 5041 468

▽17シーズン
2月26日 1 群馬 4743 → 4394 349
3月5日 2 横浜FC 6023 → 5551 472
3月18日 4 金沢 3811 → 3193 618
4月2日 6 山形 4261 → 3718 543
※16シーズン第2節の清水戦はデータが残っていないために修正不可能

 差分の合計は2万4233人。上記のとおり、VIP席のデータが残っていないため、ゼロとして計算しているが、14シーズンまでのデータではVIP席の利用が100人近くいたため、Jリーグは「少なく見積もって約2万人」という発表をしている。

 またJリーグは過去に大宮に対して、観客の水増し発表に対する制裁を科しているが、この時の制裁金は2000万円だった。今回の長崎の制裁金が300万円になったことについては「実数が大宮の1/5」「大宮の場合は外部からの指摘、報道先行で不正が発覚したことに対し、長崎は自主申告で発覚したこと」と説明されている。

最終更新:7/25(火) 22:35
ゲキサカ