ここから本文です

東急電鉄ら、暮らしのIoTを推進する「コネクティッドホーム アライアンス」設立へ

7/25(火) 18:51配信

CNET Japan

 東京急行電鉄(以下、東急電鉄)は7月25日、ぐるなび、日本マイクロソフト、パナソニックグループ、ビックカメラ、三菱地所グループ、美和ロック、LIXILらとともに、企業連合「コネクティッドホーム アライアンス」を設立すると発表した。

 コネクティッドホームとは、暮らしのIoT(Internet of Things)のこと。日本では、工場の効率化など産業界でのIoT導入が進んでいるものの、生活シーンにおいては、各企業が個別に製品を開発しているため、連鎖的な暮らしのIoTサービスが実現できていないという。

 本アライアンスの設立は、この現状の打破が目的。人々の暮らしに密着した、多種多様な業界のリーディングカンパニーが集まることで、生活課題や社会課題をつかみ、業界や企業の垣根を越えた、ライフスタイルの革新に取り組む。

 現段階での参画予定企業は約30社。特別顧問として、日本のIoTの権威である東京大学生産技術研究所教授の野城智也氏、デザインディレクターとして、ロボットデザイナーであるフラワー・ロボティクス代表の松井龍哉氏が参画する。

 9月に設立総会、10月より参画企業による業界横断の研究会を開催する予定。研究会では宅配、高齢者ケア、災害時対応などのテーマで暮らしのIoTを研究し、必要に応じて実証実験を行う。

参画予定企業一覧(2017年7月25日現在)

<住宅/不動産/ホテル関連>

すてきナイスグループ
東急不動産ホールディングス
東急ホテルズ
フキ
三井不動産グループ
三菱地所グループ
美和ロック
LIXIL

<電機/IT関連>

加賀電子
日本アイ・ビー・エム
日本ヒューレット・パッカード
日本マイクロソフト
パナソニックグループ(代表:パナソニックシステムソリューションズジャパン)
日立製作所
富士通
ネットワンシステムズ

最終更新:7/25(火) 18:52
CNET Japan