ここから本文です

シンボリディスコなど、アイビスサマーダッシュ厩舎情報/美浦トレセンニュース

7/26(水) 15:58配信

netkeiba.com

 サマースプリント第3戦、アイビスサマーダッシュ(GIII・芝1000m)に出走するシンボリディスコ、イオラニ、ラインミーティアについて、追い切り後の各調教師のコメント。

■シンボリディスコ(牡7・美浦・高橋祥泰)について、高橋調教師。
「前走(韋駄天S・OP・2着)は少し間隔があいていましたが、流れに乗ってレースを進めることができました。頑張ってくれましたが、勝ち馬が強くて少しかないませんでしたね。レース後は短期放牧に出しました。少しあきましたが丁度良い間隔だと思いますし、前回よりも良い感じです。

 先週は坂路で併せ馬をして、週末も少しやっていますので、今日は単走で追い切りました。動きも息遣いも良かったですね。時計はもう少し速くても良いかなとも思いましたが、雨で馬場が重くなりましたので、これで良いでしょう。

 ジョッキーも乗り慣れていますし、調教でも良く乗っていますので心配はしていませんが、レースに向けてはこれから打ち合わせをします。スタートしてうまくスピードに乗って、道中もうまく流れに乗れるので、千直は良い結果が出ているのでしょう。ただスピードはあっても単調な感じなので、勝つにはもうひと押しが欲しいですね。流れや展開が向いてくれればと思います」

■イオラニ(セン6・美浦・栗田博憲)について、栗田調教師。
「前走(韋駄天S・16着)後は、得意の新潟千直の条件を狙ってここまで待ちました。ただ54秒台前半の時計でまとめないと勝ち負けには厳しいでしょうし、それにはあと時計を1つ、2つ詰めないとならないですけど、頑張ってほしいです。できれば外枠が良いですね」

■ラインミーティア(牡7・美浦・水野貴広)について、水野調教師。
「今回はオープン特別とは違ってメンバーが強くなりますが、この馬も千直の実績があります。順調に調整できていますし、今日の追い切りの動きが良くて、仕上がりも問題ありません。終いもしっかりしている馬なので、得意の条件で恥ずかしい競馬にはならないと思っています」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:7/26(水) 15:58
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ