ここから本文です

緊急支援策を検討 イカ不漁長期化受け工藤市長【函館市】

7/26(水) 9:45配信

函館新聞電子版

 道南スルメイカの不漁で市内のイカ加工業者が打撃を受けている問題について、函館市の工藤寿樹市長は25日の定例会見で、9月1日招集予定の市議会9月定例会で緊急支援策を補正する方針を明らかにした。市は水産加工業者に対して既に金融支援を行っているが、不漁が長期化している現状を受け、ほかの支援策も講じる。

 市農林水産部によると、市水産物地方卸売市場での生鮮スルメイカ取扱量は、6月1日~7月20日の合計で前年比58%減の170トン。1キロ平均単価は同240円高い753円。函館漁港への水揚げは前年並みだが、桧山からの陸送分が少ないという。今季は歴史的不漁だった昨季を下回るペースで推移している。

 市内には約70社のイカ加工業者がある。市は、昨年12月からイカ加工業者向けの低利融資制度として利率を0・5%引き下げる優遇措置を実施しているが、工藤市長は「金融支援だけでは厳しい。9月定例会に補正予算の形で緊急の支援策を手当てしたい」と表明。「特定の企業だけでなく、満遍なくイカ加工に携わる企業への救済策として考えている。可能性が高いのは、イカを共同購入する際に輸入も含めて非常に価格が高くなっているので、一部金銭的支援ができないか検討する」と述べた。

 市経済部が、原料高への対応として具体的な制度設計の検討を急いでいる。

函館新聞電子版

最終更新:7/26(水) 9:45
函館新聞電子版