ここから本文です

『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に―オフラインイベントのトラブルについて謝罪も

7/26(水) 12:43配信

インサイド

ナイアンティックは、同社が運営する人気モバイルゲーム『ポケモンGO』において、先日行われた初のオフラインイベントでの接続トラブルに対して謝罪するとともに、当イベントを通じて開放された「フリーザー」「サンダー」などの伝説ポケモンについて、期間限定での出現となることを発表しています。

報告によれば、シカゴで行われた『ポケモンGO』初のオフラインイベント「PokemonGO Fest 2017」にて接続障害が発生、ゲームをプレイできないユーザーが発生してしまったとのこと。これを受け、午後にはイベント参加者に対し100ドル相当のポケコインと、全員のアカウントへの伝説ポケモンの付与、「ルギア」と「フリーザー」について全世界での出現を行うことを決定したとしています。

ナイアンティックは、夏後半にヨーロッパや、日本の横浜で予定されている『ポケモンGO』イベントについて、事態の改善を行っていくことを約束しています。そして、これらのイベントに伴って、レイドバトルでの伝説ポケモンが入れ替わることが発表。

フリーザーは7月31日まで、ファイヤーは8月1日から8月7日まで、サンダーは8月8日から14日まで出現するようです!ルギアはしばらく、世界中様々な場所に出現するようです。また、レイドバスも入ったお得なボックスも期間限定でショップ登場中です!是非ご利用ください。— Pokemon GO Japan (@PokemonGOAppJP) 2017年7月26日
フリーザーは2017年7月31日までの出現、ファイヤーは2017年8月1日から2017年8月7日まで、サンダーは2017年8月8日から2017年8月14日までの出現となっています。なお、伝説ポケモンのうち「ルギア」については「しばらく、世界中様々な場所に出現する」とのことです。

最終更新:7/26(水) 12:43
インサイド

Yahoo!ニュースからのお知らせ