ここから本文です

【新日G1】オカダが無傷の3連勝「本当に申し訳ない、強くて」

7/26(水) 0:05配信

東スポWeb

 IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が25日、新日本プロレス福島大会で行われた「G1クライマックス」Bブロック公式戦で、SANADA(29)を下し開幕3連勝を飾った。

 最初のレインメーカーをかわされ、おきて破りのツームストーンパイルドライバーを浴びたオカダは、Skull End(変型飛龍裸絞め)、ラウンディングボディープレスと猛攻にさらされる。それでも直後のSkull Endを切り返すとレインメーカー2連発で形勢逆転。なおも粘るSANADAをジャーマンからのレインメーカーで沈めてみせた。

 IWGPを7度防衛中で迎えたG1でも、3連勝発進と無類の強さを見せつけるオカダは「いや本当に申し訳ない、強くて。ま、それがチャンピオンでしょう」と余裕しゃくしゃく。

 次戦(27日、長岡)の相手は開幕3連敗の小島聡となるが「5分で。ま、しっかり痛めつけて、お前には(G1に)出る資格がないということを教えてやるよ。あとは調整をしっかり整えて決勝を目指してやっていくだけです」と言い切った。

 約1年間シングル戦無敗を誇り、向かうところ敵なしのレインメーカーを止めるレスラーは果たして現れるのか――。

最終更新:7/26(水) 0:05
東スポWeb