ここから本文です

宇良関「迫力ある相撲を」 12月の沖縄場所PR

7/26(水) 6:30配信

琉球新報

 今年の大相撲巡業の締めくくりとなる沖縄場所が12月16、17日に宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で開催される。3年連続の県内巡業に向け、実行委員会と、幕内力士の宇良関が25日、県庁で記者会見した。
 今年は30人程度の幕内力士が訪れ、2日間にわたってトーナメント戦やちびっこ相撲を行う。

 宇良関は大阪府出身で、祖父母が国頭村に在住している。

 沖縄巡業に初めて参加する宇良関は「迫力ある相撲を見ていただけるように頑張ります」と意気込んだ。竹岡剛勧進元は「3年連続の県内巡業は初めて。

 日本の国技、相撲の醍醐味(だいごみ)を多くの県民に楽しんでもらいたい」と、多くの来場を呼び掛けた。

琉球新報社

最終更新:7/26(水) 6:30
琉球新報