ここから本文です

海外向けSNSで情報発信したい国の3位は韓国、2位は台湾、1位は?

2017/7/26(水) 17:06配信

Web担当者Forum

インターネット広告代理店のフルスピードは、海外に向けたSNSでの情報発信を今後検討している企業の322人を対象にアンケートを実施し、その調査結果を発表した。

結果は以下の通り。

 

SNSで情報発信したい国 1位は中国、2位台湾、3位韓国

SNSで情報発信を検討している国の1位は中国の48.5%となり、次いで、台湾(37.0%)、韓国(34.6%)という結果に。

国別の訪日観光客数に比例するようにSNSで情報発信を試みようと検討している地域はアジア地域が集中して多い割合を占めた。まずは周辺諸国から、と考えている企業が多いことがうかがえる。

 

SNSで情報発信したい内容 1位は商品情報 2位はイベント情報 3位はQ&A情報

「どのようなコンテンツをSNSで情報発信したいか」という質問に対して、「(1)商品・サービス関連情報紹介(56.3%)」が最も多い回答となった。次いで、「(2)イベント・セミナー情報(42.8%)」などと続くことから、多くの企業が直接集客につながるような情報発信を検討していることがうかがえる。

 

半年以内に半数以上が「海外向けにSNSを使って情報発信」を行いたい、1年以内では約8割も。

今は行っていないが、半年以内に海外への情報発信のためにSNSを利用したいと考えている人が半数以上にのぼることが明らかになった。さらに、1年以内では約8割を超えるという結果に。この半年から1年の間に、海外に向けた情報発信を行う企業は急激に増加する可能性が大きいと言える。

 

海外へSNS情報発信をする理由 1位「新規顧客獲得」2位「ECサイト売上アップ」3位「実店舗での売上アップ」

「SNSでの情報発信を行ううえで、期待する効果」とう質問に対して、新規顧客獲得が47.9%となり、ECサイトの売上アップ41.6%、リアル店舗での売上アップ36.1%という結果に。

「いつごろから情報発信を行う予定か」という前質問と、当質問の結果とを合わせて「短期的に期待する結果」と「長期的に期待する結果」を分析してみたところ、次のようなことがわかった。

・短期的(3か月~半年以内)には、売上アップ(EC・リアル店舗)や口コミ数増加など売り上げに直結する効果を期待
・長期的(半年~1年以内)には、問い合わせ件数の増加や、店舗への誘導を期待する声が多く、認知度の向上やブランディングを期待

 

1/2ページ

最終更新:2017/7/26(水) 17:06
Web担当者Forum