ここから本文です

SHISHAMO、ガッキー&瑛太W主演コメディに主題歌と挿入歌を書き下ろし

7/26(水) 4:00配信

音楽ナタリー

SHISHAMOが10月21日より全国公開される映画「ミックス。」の主題歌と挿入歌を担当することが明らかになった。

【写真】「ミックス。」ポスタービジュアル (c)2017「ミックス。」製作委員会(他2枚)

「ミックス。」は新垣結衣と瑛太がダブル主演を務めるロマンティックなコメディ作品。SHISHAMOが歌う主題歌「ほら、笑ってる」は新垣が演じる主人公・富田多満子の気持ちに寄り添うよう描いたバラードで、一方の挿入歌「サボテン」はSHISHAMOならではの疾走感あふれる楽曲だ。なおSHISHAMOが映画の劇中歌を書き下ろすのは今回が初となる。

この2曲について、主演の新垣は「がむしゃらで一生懸命で熱い青春のようだったり、辛い過去を乗り越えて大きくしっかりと前に踏み出したような穏やかな力強さだったり、多満子たちのストーリーをより素敵にストレートに伝えてくれる2曲です」とコメント。もう1人の主人公・萩原久を演じた瑛太は「ぜひ、SHISHAMOさんの音楽と共に、何度躓いても立ち上がって前を向く、ガッキーと僕を劇場に観に来て下さい!」と語っている。

また試写会で主題歌と挿入歌が乗った映像を目の当たりにしたSHISHAMOのメンバーは「思ったより、恥ずかしかったですね(笑)。この曲が映画館で、座っているなかでみんな聴くんだーと思ったらうれしい気持ちもあるんですけど、とてもドキドキする気持ちになりました」と喜びをあらわにした。

映画「ミックス。」には主演2人のほか、広末涼子、遠藤憲一、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優、吉田鋼太郎、生瀬勝久、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、小日向文世ほか個性豊かなキャストが登場する。東宝のYouTube公式チャンネルにアップされた映画「ミックス。」の最新予告映像には、SHISHAMOの楽曲も使用されている。

新垣結衣コメント
がむしゃらで一生懸命で熱い青春のようだったり、辛い過去を乗り越えて大きくしっかりと前に踏み出したような穏やかな力強さだったり、多満子達のストーリーをより素敵にストレートに伝えてくれる2曲です。本編を観て、エンディングで「ほら、笑ってる」が流れた時は胸がキュンと熱くなりました。SHISHAMOさんの演奏と歌声が私達のとても近くで寄り添ってくれるようでした。

瑛太コメント
劇中歌の「サボテン」、主題歌の「ほら、笑ってる」ともに歌われているのは躓いても前を向く女性の姿で、映画「ミックス。」もまた、そんな登場人物たちを描いた物語です。
是非、SHISHAMOさんの音楽と共に、何度躓いても立ち上がって前を向く、ガッキーと僕を劇場に観に来て下さい!

石川淳一監督コメント
主題歌「ほら、笑ってる」は、せつない中にも希望や前向きな感情があって、主人公たちの気持ちとぴったりシンクロしています。
映画を見終わってこの曲が流れたときに、もう少し多満子やハギを見ていたいと思わせてくれる曲です。
挿入歌の「サボテン」は、この映画になくてはならない曲。
この曲の疾走感の中で映し出されるそれぞれのキャラクターの送る日々が、より愛しく感じられました。

映画「ミックス。」プロデューサー 成河広明氏コメント
今から2年前。「ミックス。」の原型とも言える“多満子とハギ”の物語が生まれました。不器用だけど真っ直ぐに生きる2人が、ほのかな恋と卓球を通じて一歩前に踏み出すロマンチックコメディ。映画を彩る音楽にはピュアでストレート、そして卓球のように弾ける楽曲がいいなと思いました。女性バンド曲をそれこそ聴き漁って出会ったのが、伸びやかで不思議と元気になるスリーピースバンド、SHISHAMOでした。その瞬間、連絡をしたのを覚えています。
実際にお会いして映画で伝えたいことなどいろいろお話しました。映画の撮影、編集などが進む中、出来上がった2曲を聴いて驚きました。“多満子とハギが目の前に立ち上がってきた” からです。まさに映画とSHISHAMOの奇跡の“ミックス。”でした。
この奇跡を出来るだけ多くの皆さんにも体験してもらいたいと切に思います。10月21日、映画館でお待ちしております!!

最終更新:7/26(水) 4:00
音楽ナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ