ここから本文です

【ベトナム】豪ビール大手、サベコとハベコの株取得に意欲

7/26(水) 11:30配信

NNA

 世界ビール最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)傘下のオーストラリアのビール大手カールトン&ユナイテッド・ブリュワリーズ(CUB)が、ベトナムのビール大手サイゴン・ビア・アルコール飲料総公社(サベコ)とハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)の株式取得に意欲を示している。CUBのジャン・クラップス最高経営責任者(CEO)が24日、ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相に会見した際、表明した。同日付VNエクスプレスが報じた。
 クラップスCEOによれば、CUBは南部ビンズオン省のビール工場の拡張が必要で、国がサベコとハベコから出資を引き揚げる際に2社の戦略投資家となることを希望している。CUBは1907年に設立され、現在オーストラリアのビール市場で47%のシェアを占めている。同社は昨年10月にABインベブの子会社になった。ABインベブは以前に、サベコ株取得に対する関心を表明していた。
 商工省は今月中旬、サベコとハベコからの出資引き揚げを年内に実施すると明らかにしており、準備が進められている。国は現在、サベコの89.59%、ハベコの82%の株を保有している。両社の国内ビール市場のシェアは計60%を占める。

最終更新:7/26(水) 11:30
NNA

Yahoo!ニュースからのお知らせ