ここから本文です

脇田もなりがデビュー・アルバムをリリース 9月にはリリース記念ライヴも開催

7/26(水) 17:04配信

CDジャーナル

 ガールズ・グループ“Especia”を経て、2016年9月よりソロとして活動している脇田もなりが、2017年7月26日(水)にデビュー・アルバム『I am ONLY』(HCCD-9590 2,500円 + 税)をリリース。収録曲より、西寺郷太(NONA REEVES)プロデュースによる「泣き虫レボリューション」のMVが公開されています。ジョージ・マイケルのソロ・デビュー・アルバムのタイトル曲「フェイス」をモチーフにし、ケニー・ロギンス「フットルース」を思わせるギター・フレーズを導入した爽快な楽曲と、都会をヤマハのスクーター「TRY」で駆け抜け、「フェイス」風の衣装で踊る80年代全開の映像が印象的です。

 『I am ONLY』には「泣き虫レボリューション」のほか、はせはじむによるアーバン・ディスコ「IN THE CITY」、マイクロスターの佐藤清喜と飯泉裕子による多幸感溢れるシンセ・ポップ「Boy Friend」、福富幸宏による美麗なハウス・トラック「I'm with you」といったシングル曲はもちろん、インドネシアのバンド“ikkubaru”によるアシッド・ジャズ・テイストな「Cloudless Night」、新井俊也(冗談伯爵)と矢舟テツローが手掛けた陽気なディスコ・チューン「IRONY」、Illicit Tsuboi、YUI(バクバクドキン)、KASHIF(PPP)、なかじまはじめによるヒップホップ「ディッピン」などを収録。全曲シングル・カット可能なクオリティを持った、バラエティに富んだカラフルな一枚となっています。また、9月8日(金)には東京・渋谷 clubasiaで『I am ONLY』のリリース記念ライヴを開催。バンドを率いたワンマン・ライヴとなります。チケットのオフシャル先行受付は7月26日(水)12:00から8月1日(火)23:00まで。

最終更新:7/26(水) 17:04
CDジャーナル