ここから本文です

和そばにイノブタ、シークヮーサーソフトも! 沖縄・本島北部「道の駅」の絶品グルメ

7/26(水) 10:00配信

琉球新報

やんばるへ行くなら立ち寄りたいのが道の駅。
地元の特産品を使ったおいしいものがたくさんある。

道の駅ゆいゆい国頭

イノブタ肉で二刀流丼

 「道の駅 ゆいゆい国頭」内にある「レストランくいな」にはイノシシと豚をかけ合わせたイノブタの肉を使ったメニューがある。イノブタ丼は別名「二刀流丼」(900円)。

 国頭村は日本ハムファイターズ2軍のキャンプ地。大谷翔平選手にちなんで、豚とイノシシの二刀流、さらに大谷選手の剛速球がキャッチャーミットに収まる「ドン」という音を合わせて「二刀流丼」だそうだ。

 ちょっぴり甘辛のたれがからみ、こしょうもきかせた肉と野菜がご飯の上に。イノブタ肉は豚よりタンパク質が多く、脂質が少ない。

 「女性もぺろりといけますよ」とゆいゆい国頭総務統括の田場聡さん。ボリュームのあるイノブタそば(800円)も合わせて大人気だ。

 イノブタは、1981年に村内農家の宮里栄さん(同じく道の駅の食事処「わぁ~家~」オーナー)が家畜の豚と野生のイノシシをかけ合わせておいしい肉を作れないかと交配をしたのが始まり。えさを工夫するなど改良を重ねてくせのない食べやすい肉を作ることができた。

 ゆいゆいがメニュー開発し7年前からイノブタそばを限定販売。現在では安定供給が図られており、いつでも食べられる。

やさしい甘さ「いもがたり」

 昨年オープンした別棟のフードコートにある「YUI Cafe」では、村内産安納芋を使った焼き菓子「いもがたり」を5月から販売。

 しっとりとしたパウンドケーキの生地に安納芋を練り込み、さらに県産はちみつに漬けカットされた安納芋も混ぜ込んでいる贅沢さ。やさしい甘さが口に広がる。

 1個150円、5個入り864円、10個入り1458円。お土産にも最適。



★info★
 国頭村観光物産センター 道の駅ゆいゆい国頭

沖縄県国頭郡国頭村奥間1605

電話…0980(41)5555
 9:00~18:00

レストランくいな…11:00~16:00
Yui Cafe…11:00~17:00


道の駅 おおぎみ

100%地元産の本格和そば

 道の駅おおぎみ2階の美ゅうびゅうでは大宜味村産そば粉を使った十割そばが楽しめる。大宜味村では10年近く前から休耕地などを活用して、そばの生産に力を入れている。

 県外では夏の終わりに収穫するが、大宜味村では年末年始と梅雨前の2回収穫できる。粘りが強く食感がいいのが特徴だ。美ゅうびゅう代表の兼城剛さんは「県外産のそばとそん色ない」とその質に太鼓判を押す。

 農家から仕入れたそば粉と水のみで作るざる蕎麦10割(900円)は、つなぎを一切使わない。弾力のあるもちもちした食感とそばの香りが楽しめる、そば好きにはたまらない逸品だ。甘露しょうゆと三州三河みりん等を使ったつゆに、さっとそばをくぐらせて口に入れると香りと旨味が口いっぱいに広がる。

 熱いつゆにつけて食べたいという要望に応えて作ったのがつけ蕎麦(950円)。コラーゲンたっぷりの豚骨味のつゆはそばとの相性抜群だ。

 10割蕎麦は他の麺に比べて扱いも保存も難しい。できたてを食べてもらいたいので、1日多くて50食の限定販売。特に休日は早めの来店がおすすめだ。

爽やかな酸味が魅力

 大宜味村の特産品シークヮーサー。ふるさと食堂では全ての料理で地元産シークヮーサーを使用している。中でもイチオシは県内でもここでしか販売していないシークヮーサーソフトクリーム(300円)。

 一口食べるとシークヮーサーのさっぱりした味とソフトクリームの甘さが絶妙なハーモニーで口に広がる。

 酸っぱいのが苦手な人はバニラと半々のミックス(300円)がおすすめ。


★info★
 道の駅おおぎみ

沖縄県国頭郡大宜味村字根路銘1373

美ゅうびゅう
 11時~17時(和そば売り切り)
 電話:0980(44)3883

ふるさと食堂
 11時半~17時
 電話:0980(44)3765



(2017年7月15日 琉球新報夏ナビ掲載)




.yuiyui{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
padding: 1em;
border-radius: 3em .7em 2em .7em/.7em 2em .7em 3em;
text-align: center;
background-color: #f8f4e6;
}

.inobuta{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
display: inline-block;
padding: .5em .75em;
margin: .5em .75em;
text-align: center;
color:#ffffff;
border:solid 3px #f3981d;
webkit-transform: rotate(-1deg);
-moz-transform: rotate(-1deg);
transform: rotate(-1deg);
-o-transform: rotate(-1deg);
-ms-transform: rotate(-1deg);
}

.imogatari{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
display: inline-block;
padding: .5em .75em;
margin: .5em .75em;
text-align: center;
color:#ffffff;
border:solid 3px #be8f68;
webkit-transform: rotate(-1deg);
-moz-transform: rotate(-1deg);
transform: rotate(-1deg);
-o-transform: rotate(-1deg);
-ms-transform: rotate(-1deg);
}

.oogimi{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
padding: 1em;
border-radius: 3em .7em 2em .7em/.7em 2em .7em 3em;
text-align: center;
background-color: #f0f6da;
}

.soba{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
display: inline-block;
padding: .5em .75em;
margin: .5em .75em;
text-align: center;
color:#ffffff;
border:solid 3px #a1a46d;
webkit-transform: rotate(-1deg);
-moz-transform: rotate(-1deg);
transform: rotate(-1deg);
-o-transform: rotate(-1deg);
-ms-transform: rotate(-1deg);
}

.soft{
font-family: "メイリオ","Meiryo";
display: inline-block;
padding: .5em .75em;
margin: .5em .75em;
text-align: center;
color:#ffffff;
border:solid 3px #d9e367;
webkit-transform: rotate(-1deg);
-moz-transform: rotate(-1deg);
transform: rotate(-1deg);
-o-transform: rotate(-1deg);
-ms-transform: rotate(-1deg);
}

琉球新報社

最終更新:7/28(金) 10:03
琉球新報