ここから本文です

東京で韓国食品の輸出商談会 消費トレンド捉えた商品売り込み

7/26(水) 9:58配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部が26、27両日、韓国食品の対日輸出拡大に向けた大規模輸出商談会「Kフードフェア」を東京のグランドプリンスホテル高輪で開催する。

 日本では韓流の中心世代が40~50代の中年女性から10代の若者にシフトし、2015年後半からの円高傾向も相まって韓国の化粧品やスマートフォン(スマホ)、ピンス(かき氷)などの消費が伸びている。

 対日輸出はここ数年、減少が続いていたが、昨年末以降は緩やかに伸びており、この好機を捉えれば韓国食品の新たな消費市場が生まれるものと農林畜産食品部は期待を寄せている。

 商談会には、「手軽、機能性、プレミアム」という日本の食品市場の消費トレンドに合わせて選定された韓国の食品事業者49社が参加し、日本のバイヤーと個別商談会を行う。新商品のプレゼンテーションなども予定されている。

最終更新:7/26(水) 10:00
聯合ニュース