ここから本文です

【台湾】UFC商品を販売へ、フィットネス機器の岱宇

7/26(水) 11:30配信

NNA

 フィットネス機器大手の岱宇国際(ダイヤコ・インターナショナル)は24日、米国の総合格闘技団体、アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)とライセンス契約を結び、中国を除く全世界で販売されるUFCブランドの商品やフィットネス機器の生産・販売を行うと発表した。
 25日付経済日報など台湾各メディアが伝えた。岱宇の林俊英董事長はUFCについて「2016年に163カ国・地域の11億を超える世帯で試合中継が視聴され、有料チャンネルで視聴されたスポーツ興行団体としては世界トップ」と説明。今回の提携は同社の格闘技分野への本格進出と、フィットネス機器メーカーとしての国際的なイメージアップが狙いと述べた。
 岱宇はUFCブランドの機器の研究開発(R&D)を進めており、2018年1月にドイツのミュンヘンで開かれるスポーツ関連用品見本市「ISPO」で初公開する計画。北米と欧州の家庭向け・プロ向けにマーケットを絞り、同年1月から実店舗とオンラインショップの双方で販売を開始する予定という。
 UFCは1993年設立。ホイス・グレイシー、ケン・シャムロック、桜庭和志らを輩出し、「K―1」「PRIDE」など日本の総合格闘技イベントにも影響を与えた。07年にPRIDE運営会社を買収。11年からは米4大ネットワークのフォックスと放送契約を結び、12年に女子部門を設立した。

最終更新:7/26(水) 11:30
NNA

Yahoo!ニュースからのお知らせ