ここから本文です

アラフォージャニーズ座談会で明かされた「V6」「TOKIO」解散危機

7/26(水) 11:12配信

東スポWeb

 26日に放送されたTBS系情報番組「ビビット」で「アラフォージャニーズ座談会」が行われ、同番組のMCを務めるTOKIOの国分太一(42)と城島茂(46)、山口達也(45)、V6の長野博(44)、坂本昌行(46)が出席。「光GENJI」のバックダンサーを務めた元「平家派」のメンバー5人は、苦楽をともにしたジャニーズJr.時代と現在までの“栄光と苦悩”を語った。

 国分によると当時のジュニアは「ヤンキーみたいな人が多かった」とか。合宿所のリビングにはビリヤード台、テレビ3台、コンピューターゲーム数台が設置され、城島は「水がおいしくてビックリした。カルピスは飲み放題だし天国だと思った」と懐かしんだ。少年隊の東山紀之(50)は別格の存在だったが、「洗濯が一緒のため、ジーンズや下着に『東山』と書かれていた」という。

 多くのメンバーが在籍するジュニアでは派閥争いがあり「誰かが雑誌に出たりすると、俺はもう終わった」と感じたという。長野は井ノ原快彦(41=V6)と友達の家に遊びに行く約束をしていたが、「用事ができた」と井ノ原にキャンセルされたそうで、友達の家でテレビを見ているとSMAPのバックで井ノ原が踊っていたという。それを見て「俺たちは呼ばれなかった」と複雑な思いだったと打ち明けた。

 5人はジャニー喜多川社長(85)が「すごい」と認めていた少年隊のバックダンサーを経て、TOKIO(国分、山口、城島)、V6(長野、坂本)としてデビューを果たす。だが、決して順風満帆ではなかったという。

 坂本は「(若い)カミセンが人気だったため、年齢が離れ過ぎてケンカができなかった。グループ内に歪みが生じて、解散という言葉は出なかった、みんなの頭の中によぎっていたと思う」と危機があったことを認めた。

 また、国分もTOKIOについて「デビュー10周年を過ぎたくらいで、バラエティーでは話すんだけど、一番大切な音楽について話をしないで、変な空気になった時期があった」と告白。「腹を割って話し合って、初めて『アイツがこんな思いだった』と気づいた。曲を自分たちで作るからこそ、愛情を持って演奏できると気づいた」と続けた。解散危機を回避したことにより「ステージが一段上がった」と当時を振り返った。

 今後の夢を聞かれた城島は「全員が白髪になってもアイドルとしてバンドをやっている。棺おけまで」と、“死ぬまでグループ継続”を誓った。

最終更新:7/26(水) 11:16
東スポWeb