ここから本文です

岡山・奉還町のベーグル専門店が2周年 親しめるベーグルを目指す /岡山

7/26(水) 10:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 岡山市の奉還町のベーグル専門店「Hattori Bagel(ハットリベーグル)」(岡山市北区奉還町1、TEL 086-959-4391)が7月27日で2周年を迎える。(岡山経済新聞)

カウンターに並ぶベーグル

 印刷店の閉店後、長らく空いていた店舗を改装して出店した同店。奉還町商店街の通り沿いに赤い立て看板と白い外壁前にベンチ1脚を置き、ガラス窓から店内の様子が見える。店内はクリーム色の壁を基調にし、コーナーの木製のテーブルには3席イートインスペースがある。

 ベーグル約20種を提供する同店。生地はプレーン、チョコレート、抹茶の3種で、混ぜ込みやトッピングの材料でアレンジする。店主の服部恭子(たかこ)さんは「ベーグルは卵を使わないパン。アレルギーなどを気にする方に喜ばれる」と話す。

 ベーグルは、「塩バターベーグル」(180円)、「広島レモンとさつまいもの抹茶ベーグル」(260円)、「マンゴーフロマージュベーグル」(290円)などをそろえる。ベーグルサンド約8種は、「ごろごろ大粒ピーナツクリームのサンド」(200円)、「サーモンとクリームチーズレモン添えサンド」(300円)などを提供する。

 2周年を記念して、7月30日から8月末日までスタンプカードを用意。500円の買い物につき1つ押印し、5つになるとオリジナルタンブラーを進呈する。

 服部さんが店を開いたきっかけは、岡山にはベーグル専門店がほとんど無かったため。会社員として東京で生活していたころ、忙しい生活の合間に好きなベーグルを買って朝食にするのが楽しみだったという。服部さんは「モチモチした食感のベーグルを食べて、堅いパンというイメージを払拭(ふっしょく)できれば。種類が豊富でいろいろな味わいが楽しめるベーグルにもっと親しんでほしい」と来店を呼び掛ける。
 
 営業時間は12時~17時。月曜・火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク