ここから本文です

FAILY TAIL完結、各界から「ありがとう!」 漫画家仲間、ノンスタ井上、海外からも...

7/26(水) 20:06配信

J-CASTニュース

 漫画家の真島ヒロさんの人気少年マンガ『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』が、2017年7月26日発売の「週刊少年マガジン」に掲載された第545話で最終回を迎え、約11年にわたる連載が完結した。

 同誌の看板マンガとして長年にわたって人気を集めた作品の完結に、ファンからは感謝やねぎらいのコメントが相次いでいる。そのほか、同業者の漫画家や著名人からも、「お疲れ様でした」の声が数多く寄せられた。

■「笑顔と感動をありがとうございました」

 『FAIRY TAIL』は2006年に「少年マガジン」で連載をスタート。09年にはテレビ東京系でアニメ化された。日本だけでなく海外でも人気を集め、コミックスの累計発行部数は世界で6000万部を超える。

 物語の主人公は火の魔法を操る少年「ナツ」。彼が魔道士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属し、個性豊かな仲間と共にさまざまな依頼を解決しながら魔道士として成長する姿が描かれた。

 今回、11年以上にわたる連載を終えたことについて、真島さんは17年7月26日に更新したツイッターで、

  「本日(編注・26日)発売の週刊少年マガジンでFAIRY TAILは最終回を迎えます。今まで応援してくれた全ての人に感謝します。ありがとうございました」

とツイート。続けて、「原作が終了してもまだアニメが控えてますし、単行本派の人もいるし、他にも色々FTのイベントはしばらく続くので、終わった感があまりないんだよね」と率直な心境を明かした。

 連載の終了を伝えた真島のツイートには、ファンから、

  「小学生の頃から社会人の今に至るまで読み続けていたFAIRY TAILが完結するのは嬉しいことでもあり同時に悲しくもなります」
  「こんなにハマった漫画は今も昔もFAIRY TAILだけです」
  「笑顔と感動をありがとうございました」

など感謝のリプライ(返信)が数多く寄せられている。そのほか、海外のユーザーからも、「Thanks for your hard work, Sensei!」「The story that will live in my heart always」といった声が出ている。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 20:06
J-CASTニュース