ここから本文です

【POG】タワーオブロンドン520キロの大型馬 千島助手「走り出すと前向き」

7/26(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(29日、札幌)

 29日、札幌5R(芝1500メートル)でデビューするタワーオブロンドン(牡、父レイヴンズパス、美浦・藤沢和)は、推定520キロの雄大な馬体を誇る外国産馬。ルメールとのコンビで初戦突破を目指す。

 千島助手は「おっとりしていますが、走りだすと前向き。スピードだけではなく、パワーもあるので洋芝は合いそう」と好感触を口にした。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ