ここから本文です

ローマ、食い下がるトッテナムを18歳の劇的AT弾で下す/ICC

7/26(水) 12:25配信

ISM

 インターナショナル・チャンピオンズカップは現地時間25日にアメリカラウンドの1試合が行なわれ、ローマ(イタリア)がトッテナム(イングランド)を3対2で下した。

 今夏獲得したDFアレクサンダル・コラロフや、FWグレゴワール・デフレルを先発させたローマは13分、相手のハンドで得たPKを、ペロッティが決めて先制に成功する。70分には、途中出場した新加入のウンデルがネットを揺らし、リードを2点に広げる。

 しかし、このまま終わるかに思われた試合終盤に、トッテナムが反撃に出る。まずは87分、ヤンセンのシュートがポストに弾かれこぼれたところを、ウィンクスが押し込んで1点差に詰め寄る。すると91分には、ヤンセンがクロスに合わせて一気に試合を振り出しに戻す。

 しかしその1分後、ローマが勝ち越し弾を挙げる。下部組織出身の18歳トゥッミネッロが土壇場でゴールを奪い、劇的な展開となった試合を制した。

最終更新:7/26(水) 12:25
ISM