ここから本文です

リゾート型コンドミニアムが人気の、タイで今注目のエリアとは?

7/26(水) 17:40配信

ZUU online

海外に別荘を検討している人にとって、マレーシアやシンガポールは人気定番の地であるが、タイについても注目度が上がっている。タイの中で今話題となっているのがリゾート型コンドミニアム。ここ最近タイのパタヤのリゾートエリアである「ジョムティエム」という地区でリゾート型コンドミニアムの建設が急増しているという。

■高級ホテル顔負け豪華プール付きのリゾート型コンドミニアム

海外のコンドミニアム投資が日本でも一般的になってきているが、その中でも「こんな物件があるなんて……」と驚くのがタイのパタヤリゾートにあるリゾート型コンドミニアムだ。

ジョムティエム地区に建設されているコンドミニアムの中でも今最も注目されている物件だが、とにかくプールが特徴的だ。

南国のコンドミニアムはプール付きが珍しくないが、広さもさることながらスライダーがあったり、子供の遊び場があったり高級リゾートホテル顔負けの豪華な設備が魅力。もちろんコンドミニアムの施設内にはフィットネスルームやレストラン、コンビニなどもあり、中にはキッズルーム付という物件もある。子供から大人までまさしく理想のコンドミニアムと言える。

■パタヤの中でも1番人気の「アトランティス コンド リゾート パタヤ」

パタヤリゾートの中でもリゾート型コンドミニアムになると普通のコンドミニアムより若干割高となる。

リゾート型コンドミニアムの中でも今、現地で1番人気なのが「アトランティス コンド リゾート パタヤ」。アトランティス コンド リゾート パタヤは2,600平米もの巨大プールがついており、現地の不動産仲介会社担当によると、完成前にほとんどの部屋が完売しているという。

価格は1ベットルームプールサイド(34.5平米)で約2,400,000バーツ(日本円で625万円前後)から。600万前後でテーマパークのようなコンドミニアムが購入できる。

投資用に購入している人の中には、エアビーアンドビー (Airbnb)で短期から長期の部屋の貸し出しを行っており、旅行者の滞在も可能となっている。

■1週間や1か月の滞在ならコンドミニアムを借りてみよう

タイ旅行を計画している人の中にはある程度長期で滞在する人もいるだろう。そうした人はホテルではなくコンドミニアムを借りてみてはどうだろうか。コンドミニアムは比較的部屋も綺麗で広く、備品も整っており快適に過ごせる物件も多い。

「アトランティス コンド リゾート パタヤ」についてもホテルより安価で滞在することが可能だ。掃除やご飯は自分たちで検討する必要があるが、洗濯機やWi-Fiなども揃っており快適に滞在することができる。海外のコンドミニアムに興味がある人はこの機会に1度宿泊してみるのもいいだろう。海外不動産投資を検討している人も実際に宿泊してみればその物件をさらに知ることができる。

管理費なども含めて日本より比較的安い価格で豪華なコンドミニアムが手に入れることができる。その一方、日本の建物より性能が良くないことも多く、安全性、耐久性を含めて検討することも大事である。

また短期や長期で借りることで、別荘気分を味わうことも可能だ。物件を持たずにそうした滞在もおすすめである。東南アジアだからこそ実現できる特権を生かして海外ライフにも目を向けたいところだ。(ZUU online編集部)

最終更新:7/26(水) 17:40
ZUU online