ここから本文です

【インド】中国トップワイズ、印スマホ市場に参入

7/26(水) 11:30配信

NNA

 中国の携帯端末メーカー、トップワイズ・コミュニケーションは、近くインド市場に参入する。ブランドの確立に向け、2019年3月までに50億ルピー(約86億円)を投じる計画だ。PTI通信が24日伝えた。
 投資額の内訳は、マーケティングに25億ルピーを投じるほか、研究開発(R&D)や製造に15億ルピー、販売網の構築などに10億ルピーを割り当てる。同社のサンジャイ・カリロナ最高経営責任者(CEO)は、「販売促進だけに注力するのではなく、アフターサービスの拡充に努めるなど、顧客満足度を重視して事業を展開したい」とコメントした。
 向こう数週間以内に、インド市場にスマートフォン「コミオ」を投入する方針。3~4機種を展開し、価格は6,000~1万2,000ルピーに設定する予定だ。カリロナCEOは「これらの価格帯は台数ベースでスマホ市場の最大4割のシェアを占めていながら、機種が少ない穴場市場」と述べ、向こう3年間で5%のシェア確保を目指す意向を明らかにした。
 米調査会社IDCによると、今年1~3月のインドのスマホ出荷台数は2,700万台だった。

最終更新:7/26(水) 11:30
NNA