ここから本文です

<女子バレー>”選手半分のみビジネス席”が物議…韓国代表が出国 「気持ちが揺れることなく、集中したい」

7/26(水) 11:12配信

WoW!Korea

2017国際バレーボール連盟(FIVB)ワールドグランプリ2グループ・ファイナルを控え、”選手半分のみビジネス席”で物議を醸した韓国女子代表だったが、選手たちの表情に曇りはなかった。

キム・ヨンギョンの紹介と写真

 ホン・ソンジン監督率いる韓国女子代表は26日、仁川国際空港を通してグランプリファイナルが開かれるチェコに向けて出国した。

 この日の出国を前に、主将キム・ヨンギョン(29)は”選手半分のみビジネス席”が物議を醸したことについて、多くを語らなかった。

 当初、大韓バレーボール協会は12人の選手のうち、6人だけをビジネス席に搭乗させようとし、これが問題視された。すると25日、IBK企業銀行が3000万ウォン(約300万円)を支援し、選手全員がビジネス席でチェコへ向かうこととなった。

 同件についてキム・ヨンギョンは「選手の立場としては、支援をしていただけたことをうれしく思う」と語った。

 決戦を前にキム・ヨンギョンは、気持ちが揺れることなく目標とする優勝だけを見据えたい、と強調した。キム・ヨンギョンは「私たちは正直、その問題(ビジネス席)についてよく知らなかった。後になって、選手全員がビジネス席で楽に移動できるようになったことについて、感謝している。他のことは気にせず、残り2試合に必ず勝利し、優勝することだけを考える」と力強く語った。

最終更新:7/26(水) 11:12
WoW!Korea

Yahoo!ニュースからのお知らせ