ここから本文です

NECネッツエスアイ、デリバリーロボット「Relay」活用サービスを国内提供開始

7/26(水) 17:00配信

アスキー

NECネッツエスアイは、ホテルのルームサービスなどで利用されいる自律形デリバリーロボット「Relay」の国内における導入サービスを提供開始した。

 NECネッツエスアイは7月26日、米Savioke製のデリバリーロボット「Relay」の日本国内サービス提供を開始した。
 
 Relayは人から人へ物を運ぶことができる自律型ロボット。各種センサーを搭載して自動で障害物を避け、上部に荷物が入れられる蓋付きトレイを備えている。主にホテルのルームサービスなどの用途で用いられているほか、エレベーターや内線電話と連携して自分でエレベーターに乗り込んで客室前に来ると内線でゲストを呼び出すといったことができる。
 
 NECネッツエスアイでは、Relay導入に必要なインフラ構築からロボットのレンタル・運用・メンテナンスまでワンストップで提供。導入第1弾として、品川プリンスホテルNタワーで利用を始めている。
 
 同社では、今後ホテルをはじめオフィスビルやマンション、倉庫や介護施設などへのRelay活用サービスを展開するという。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:7/26(水) 17:00
アスキー