ここから本文です

0歳で就任したアラスカの「猫市長」、天に召される 人間の市長がいないタルキートナで20年にわたり活躍

7/26(水) 12:10配信

ねとらぼ

 米国アラスカ州タルキートナの「猫市長」として知られていたスタッブス(Stubbs)が天に召されました。20歳3カ月でした。

【画像:“オフィス”だったとされるNagley's Store】

 スタッブスは1997年に誕生したオス猫。人口1000人足らずで、人間の市長が存在しない米国アラスカ州タルキートナで、同年から名誉市長を務めていました。就任のきっかけは、立候補者ではない人物に投票するWrite-in Campaignだったと言われています。

 スタッブスはその後、人間のように執務を行うわけではありませんでしたが、観光客などから愛されるタルキートナの“有名政治家”に。しかし、2013年、犬の襲撃で重傷を負ってしまいます。ここ数年は体調を崩しており、“オフィス”だったとされる地元の店「Nagley's Store」に通う頻度が減っていました。

 飼い主は、スタッブスとの別れについて「彼はまさに生涯最後の日まで、勇者だった」「一緒に過ごせた時間が愛おしい」と悲しみを伝えています。

最終更新:7/26(水) 12:10
ねとらぼ