ここから本文です

ジェームズ・キャメロン『ターミネーター』新3部作を構想!シュワちゃんも登場予定

7/26(水) 21:10配信

シネマトゥデイ

 SFアクションの金字塔『ターミネーター』シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが、同シリーズの新3部作を企画していることが明らかになった。オーストラリアのニュースサイトNews.com.auに語った。

3D版になって帰ってくる!『ターミネーター2 3D』予告編

 『ターミネーター2』を3D鑑賞に対応させた『ターミネーター2 3D』が今夏公開されるのを控え、同メディアのインタビューに応じたキャメロン。第2弾以降、キャメロンが監督の座を降りてからもシリーズは続き、第4弾まで製作された。そして2015年には新シリーズとして『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開されるも、アメリカ国内では批評・興行共にふるわず、続編が取りやめになっていた。

 キャメロンは、「問題は、このシリーズが自然消滅するのか、それとも新しく生まれ変われるのかだ。(キャメロンが手掛けた)最初の2作ではSFだったものが、現実のものになった現代において、まだ妥当性を持たせることができるのか? 私たちは、無人偵察機プレデターや、監視、大規模データ、人工知能が存在する世界に暮らしている」と語り、本シリーズを現代版にアップデートさせることの意義を模索しているよう。

 そして、2019年には、キャメロンのもとに映画化権利などが戻ってくるそうで、現在の権利者で『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のプロデューサー、デヴィッド・エリソンと話し合いをしていることも明かし、「1年半後には、権利が僕の元に戻ってくる。そうしたら何ができるのかということを彼と話し合っているんだ。今のところ、3部作で、新たなストーリーを語ろうと思っている。これからいくつかのハードルを突破して、正式に製作を発表するときには、もっと肉付けされていると思う」と続けていた。その3部作には、ターミネーター役でおなじみのアーノルド・シュワルツェネッガーも登場するそうで、新しいキャラクターたちにバトンを渡すような役目を果たすとのこと。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 21:10
シネマトゥデイ