ここから本文です

IBM、新セキュリティテストサービスを開始…コネクトカー向け

7/26(水) 16:41配信

レスポンス

IBMは7月24日、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、自動車のセキュリティに焦点を合わせた新たなセキュリティテストサービスを開始すると発表した。

この新しいサービスはIBMの「X-Force Red」の専門家で構成される精鋭チームが開発。スマートシステムのアクセスや管理の制御に使用されるバックエンドプロセス、アプリ、物理ハードウェアのテストなどを行う。

IBMのX-Force Redは、数十社を超える自動車メーカーや自動車部品メーカーと協力して、専門知識を蓄積し、プログラムに基づいた侵入テストやコンサルティングのサービスを提供。この自動車業界向けの手法の構築は、業界のベストプラクティスを形成して共有し、セキュリティプロトコルを標準化する支援を行うことを目指す。

新しい自動車業界向けの手法は、コネクテッドカーの潜在的なセキュリティリスクを、消費者や自動車業界に開示した調査結果の一部を活用。この調査では、一部のコネクテッドカーの所有者間で、所有権の移転が安全に行われず、それによって悪意のある第三者が自動車の機能、例えばドアのロックやロック解除、リモートスタート、ライトやクラクションの制御機能、モバイルアプリで現所有者の位置を特定する機能などを乗っ取る可能性がある点について検討されている。

IBMは、「X-Force Redは、コネクテッドカーのセキュリティの脆弱性を念頭に置きながら、各コンポーネントで個別のセキュリティテストを行うとともに、自動車のシステム全体に対するソリューションベースのセキュリティテストも実施していく」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/26(水) 16:41
レスポンス