ここから本文です

「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらかない細胞」がシリウスでスタート

7/26(水) 12:53配信

コミックナタリー

本日7月26日に発売された月刊少年シリウス9月号(講談社)にて、清水茜「はたらく細胞」のスピンオフ連載「はたらかない細胞」がスタートした。

【写真】「はたらかない細胞」より。(他7枚)

同誌にて連載中の細胞擬人化マンガ「はたらく細胞」のスピンオフとなる本作は、骨髄の中で自由に過ごす、赤血球になる前の赤芽球たちを描くコメディ。清水監修のもと杉本萌が執筆した。第1話は「はたらく“細胞分裂”」と題した小冊子に収録されている。

また小冊子には「はたらかない細胞」のほかに、なかよし(講談社)にて連載中の吉田はるゆきが描くスピンオフ「はたらく細菌」の第1話が出張掲載。さらに清水のイラストギャラリーも収められた。

そのほか今号には、現在テレビアニメが放送中の香月日輪原作による深山和香「妖怪アパートの幽雅な日常」が表紙と巻頭カラーに登場。付録として同作の特製うちわが付属する。また柴の4コマ「おおきなのっぽの、」は最終回を迎えた。

なお8月26日発売の次号10月号より、Sound Horizon原曲によるソガシイナ「旧約Marchen」(aはウムラウト記号付きが正式表記)の連載が再開する。