ここから本文です

若手が転職活動で注目するのは「ワークライフバランス」

7/26(水) 12:12配信

ITmedia ビジネスオンライン

 転職の際、企業のどこに注目するか?――転職・求人情報サイトを運営するキャリアインデックスが7月26日に発表した調査結果によると、1位は「給与」だった。2位以下は20~30代の若手とミドル層で差があり、若手は「ワークライフバランス」に注目していることが分かった。

【11位以下の結果はこちらから!】

 若手が転職で重視するポイントのトップ3は、「給与」(72.2ポイント)、「休日・休暇」(64.7ポイント)、「職種」「勤務地」(61.5ポイント)だった。これに対し、40代以上のミドル層は、「給与」(71.0ポイント)、「職種」(65.5ポイント)、「勤務地」(57.1ポイント)だった。

 大きな差が出たのは「待遇・福利厚生」で、ミドルの24.6ポイントに対して若手は42.5ポイントと高く、若手の方が重視している。

 「ブラック企業や労働問題が大きく話題になったことで、若手を中心にこれまでの働き方を見直そうという意識や企業に対する警戒感が強くなっており、オンとオフの切り替えがはっきりした企業に人気が集まりそう」とキャリアインデックスは分析している。

 5月26~29日に、過去3年以内に転職経験がある関東在住の有職者515人を対象に、インターネットアンケート調査を行った。