ここから本文です

BMW、次世代電動車用アーキテクチャを開発中…フルライン電動化が可能

7/26(水) 22:45配信

レスポンス

ドイツのBMWグループは7月25日、電動化戦略における次のステップを発表した。

BMWグループは企業戦略として、「NUMBER ONE> NEXT」を掲げている。この戦略の中心的な柱となるのが、パワートレインの電動化。

画像:BMW VISION NEXT 100

今回明らかにされた次のステップでは、次世代の電動車両向けのアーキテクチャを開発中と公表。BMWグループによると、あらゆるモデルシリーズの電動化を可能にする柔軟な車両アーキテクチャになるという。

BMWグループは現在、世界中の10の工場で電動パワートレインモデルを生産。中でも、ドイツのディンゴルフィング工場では、BMW『5シリーズ』と『7シリーズ』のプラグインハイブリッド車(PHV)を組み立てている。同工場では2021年から、新型EVのBMW『i NEXT』の生産を開始する予定。BMWグループは同工場に、累計1億ユーロ以上を投資してきた。

BMWグループは2017年、10万台の電動パワートレイン車を世界で販売する計画。2017年末までに、電動パワートレイン車の世界累計販売200万台の達成を目指している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/26(水) 22:45
レスポンス