ここから本文です

NFL=元選手の99%に脳疾患徴候との研究報告

7/26(水) 13:34配信

ロイター

[ボストン 25日 ロイター] - 米ボストン大学の研究チームが25日に米国医師会雑誌(JAMA)で発表した論文によると、提供された米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)元選手の脳の99パーセントに脳疾患の徴候が見られた。

研究対象となったのは、様々なカテゴリーでフットボール競技を行っていた202人の死後の脳。NFL元選手の検体は111人分あったが、そのうち110の脳に慢性外傷性脳症(CTE)の徴候が確認された。殿堂入りしたジュニア・セアウ氏、プロボウルに選出されたデーブ・デュアソン氏の自殺した2人も含まれている。

論文の主筆は「データはフットボールと疾患のリスクに強い関連性があることを示している」と述べた。CTEではうつ病、認知症、記憶障害などの症状が見られる。

最終更新:7/26(水) 13:34
ロイター