ここから本文です

広井王子が原作・総監督のスマホゲーム「ソラとウミのアイダ」事前登録スタート 既に漫画化など決定

7/26(水) 13:43配信

ねとらぼ

 フォワードワークスが、原作、総監督に広井王子さんを迎えたスマホ向けアクションゲームアプリ「ソラとウミのアイダ」の事前登録受付をスタートしました。マルチメディア展開を行う方針で漫画連載、テレビアニメ化などが予定されています。

【画像】「ソラとウミのアイダ」ラジオ番組

 「ソラとウミのアイダ」の舞台は、宇宙空間で漁業を行うようになった未来の世界。「宇宙漁師」を目指す6人の少女が、派手なアクションで凶暴な「宇宙魚」を捕獲する「宇宙漁業」パート、フルボイスで各キャラクターの成長などを描く「ストーリー」パートに分かれたゲーム展開となっています。

 原作、総監督を務めるのは「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」シリーズなどで知られる広井王子さん。また、広島県尾道市も開発に協力しており、ゲーム内には同市に実在する店舗、町並みが登場するとのこと。

 配信は10月上旬からの予定で、対応OSはAndroid/iOS。まだ事前登録受付をしている段階ですが、すでに文化放送などでのラジオ番組放送、『電撃大王』(KADOKAWA)での漫画連載などが年内にスタートすることが決定しています。また、PC版のサービス提供が開始する2018年には、テレビアニメ化や舞台化が予定されています。

 ちなみに、先日行われた「ソラとウミのアイダ」の発表イベントで、広井王子さんは25歳近く年下の37歳女性と再婚していたことを明らかに。とにもかくにも、登場前から話題たっぷりな作品になっているようです。

最終更新:7/26(水) 13:43
ねとらぼ