ここから本文です

すみれ スタローン娘の前で2世タレントの苦悩を告白

7/26(水) 19:31配信

東スポWeb

 体調不良で長期休養していた2世モデルのすみれ(27)が26日、都内で行われた「SAMANTHA VEGA ミレニアルシスターズ来日イベント」に出席した。

 事前にメディアに送られたプレスリリースには名前がなかったものの、会場にしれっと現れたすみれは、ハリウッドに進出してバリバリ仕事をこなしていた“全盛期”に比べ、若干むくんだような印象だ。

「小さいころ、親のことでいじめられた。親と同じ芸能界でやりたいと思う中で、親の陰にいる、七光と言われるのは嫌だった。もっとスターになってやると思った」。悔しさをバネに両親(石田純一、松原千明)超えを誓ったことを告白した。

 その一方で「うちの家族は複雑だけど、何があってもサポートし合い、愛し合う」と石田ファミリーの温かさを力説した。

 イベントには映画「ロッキー」や「ランボー」で知られるハリウッド俳優シルベスター・スタローン(71)の長女ソフィア・ローズ・スタローン(20)、三女スカーレット・ローズ・スタローン(15)姉妹、俳優ハリー・ハムリン(65)と女優リサ・リナ(54)の娘デライラ・ベル・ハムリン(19)、末っ子のアメリア・グレイ・ハムリン(16)姉妹も出席。

 アメリアはすみれの言葉に深くうなずき「親が有名だからこそ自分が頑張らなきゃと思う。親が有名なのは幸せだが、大変なこともある。小さなころは同じ境遇の子がいなかったので、自分は周りと違うのではと悩んだこともあった」と自身の体験を語った。

 また、ソフィアは「こうして日本に来られるのも親のおかげ」と偉大な父に感謝した。

最終更新:7/26(水) 19:34
東スポWeb