ここから本文です

大阪桐蔭が難敵金光大阪下して8強進出

7/26(水) 15:21配信

デイリースポーツ

 「高校野球大阪大会・5回戦、大阪桐蔭6-0金光大阪」(26日、南港中央)

 史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を狙う大阪桐蔭が、金光大阪を下して準々決勝に進出した。六回には1番・藤原恭大外野手(2年)が今大会2本目で高校通算18本目となる2ランを放った。

 2年生ながらU-18日本代表第1次候補に選出されている好打者は、「積極的に打っていこうと思っていた。前の試合はノーヒットだったけど、悪くはなかったので」と笑顔で振り返った。

 西谷浩一監督は「金光大阪さんは夏にいいチームを作ってくる。一球一球に気持ちを込めてくるし、独特の応援でやりにくい相手。試合前には選手へ『こういう学校に勝って勢いを作ろう』と言いました」。難敵を下し、ほっとした表情を見せた。

 27日の準々決勝・興国戦を勝ち上がれば、大体大浪商-履正社の勝者と激突する。履正社が勝ち上がれば、今春センバツ決勝で対戦して以来となる。藤原は「相手は関係なく自分たちの野球をしていきたい」。あと3勝となった甲子園出出場まで一戦必勝を誓った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 10:00