ここから本文です

トロント映画祭、ボストン・マラソン事件描いた作品など上映へ

7/26(水) 15:55配信

ロイター

[トロント 25日 ロイター] - トロント国際映画祭の主催者は25日、今年9月7日に開幕する同映画祭で、2013年のボストン・マラソン連続爆破事件を描いた「Stronger(原題)」などが上映されると発表した。

同作品では、事件で両脚を失ったジェフ・バウマンさんをジェイク・ギレンホールが演じる。

このほか、クメール・ルージュ支配下のカンボジアを舞台としたアンジェリーナ・ジョリー監督作「First They Killed My Father」、ダーレン・アロノフスキー監督がメガホンを取り、ジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデムが出演したホラーミステリー「Mother!」、ジョージ・クルーニー監督作の犯罪コメディ「Suburbicon」、ギレルモ・デル・トロ監督による「The Shape of Water」なども上映される。

主催者はどの作品がオープニングを飾るかは明らかにしなかったが、クロージング作品は「最強のふたり」で知られるオリビエ・ナカシュとエリック・トレダノによる「C'est La Vie!」になると発表した。

同映画祭は9月7─17日に開催される。

最終更新:7/26(水) 15:59
ロイター