ここから本文です

宮根誠司 高須院長に謝罪し「これからも仲良くして」と呼びかける 浅野氏もお詫び

7/26(水) 15:50配信

デイリースポーツ

 元宮城県知事の浅野史郎氏が25日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ・日本テレビ系)で述べた発言をめぐり、高須クリニックの高須克弥院長が浅野氏に謝罪を求めていた件について26日、同番組側が「申し訳ございませんでした」と謝罪した。

【写真】高須院長 自身を実験台に500回以上の美容整形!金額に換算すると数十億円

 林マオアナウンサーが「コメンテーターの浅野史郎さんが高須クリニックについて、問題を抱えている美容外科であるかのように受け止められるコメントをしました。放送後、浅野さんに発言の真意を聞いたところ、そのような意図はなく、浅野さんが裁判の内容を誤解していたことによるもので、高須院長に対してお詫びするとの気持ちを表されました。読売テレビとしましても、高須院長、ならびに視聴者に誤解を与える放送を行ってしまったことにお詫び申し上げます」などと釈明と謝罪。宮根アナも「大変申し訳ございませんでした。高須院長、これからも仲良くしていただけるでしょうか。ぜひ、イエスと言ってください」とCMにひっかけて和解を呼びかけた。

 25日放送の「ミヤネ屋」において、高須院長が、民進党の大西健介衆院議員に国会での発言で名誉を傷付けられたとして損害賠償などを求めて起こした訴訟の第1回口頭弁論の模様が取り上げられた。大西議員が国会で悪徳美容整形外科の存在や誇大広告について取り上げた際、固有名詞と連絡先を連呼するなどCMが陳腐だとし、「イエス!○○とクリニック名を連呼するだけのCM」と発言。この点が、高須院長は名誉毀損に該当すると主張していた。

 一連のVTRの後に、浅野氏が「真実を言ったんですよ。これはあるとすれば正直者と怒るようなものです」、「高須クリニックと言ったって構わないですよ」などと発言。これに対して、高須院長はツイッターで「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と表明していた。

 高須院長は26日、自身のツイッターで、番組から「本日番組内でお詫びします」と連絡がきたと明かしていた。